[PR]

 中国地方最高峰の大山(標高1729メートル)の弥山山頂(1709メートル)で3日、本格的な登山シーズンの訪れを告げる夏山開きの山頂祭があった。県内外から集まった約700人の登山客らが、今シーズンの安全を祈る神事を見守った。

 好天に恵まれ、登山道は早朝からたくさんの登山客でにぎわいを見せた。新緑の中、家族連れや登山愛好家たちが思い思いのペースで山頂を目指した。眼下には中海や美保湾に面した弓ケ浜半島の景色が広がり、カメラをかまえる人の姿も多く見られた。

 山頂祭には、「日本三百名山」の登頂に挑戦中のアドベンチャーレーサーの田中陽希さん(34)も参加し、登山者代表として頂上碑に玉串を捧げた。田中さんは「1年で一番活気付く日に登ることができて、思い出深いものになった。とても愛着や親しみを持たれている山と改めて感じました」と話した。(矢田文)