【動画】遠州考「女性たちのやらまいか」の軌跡=長谷川智撮影
[PR]

 遠州織物をもっとアピールしよう! こんな動きを女性たちが引っ張っている。

 3月の土日、浜松市の中心部でイベント「いとへんのまち」が開かれた。織物や染めの関係者が主催・出展し、今年で3年目になる。着物を着て訪れる女性が年々増えている。

 主催者で、遠州織物の普及を図る「染め紡ぐ浜松」代表の廣上明子(48)は「浜松の織物業は下請け構造で、都会に納入されて、作った人さえどこで売られているか知らない状態。だから後継者も不足している。遠州織物のブランド化が必要」と話す。

 小学校3年の時に北海道から引…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら