[PR]

 3日午後2時40分ごろ、富山県南砺市の東海北陸自動車道下り線で、岐阜県内のバス会社が運行する大型観光バスの乗客から「運転手の具合が悪い」と110番通報があった。富山県警によると、通報直前、男性運転手(54)が意識を失ったため、乗客3人でハンドルを操作したり、ブレーキを踏んだりして停車させたという。

 富山県砺波地域消防組合によると、運転手はくも膜下出血の疑いがあり、病院へ搬送された。県警高速隊によると、バスは数キロ蛇行し、乗客14人のうち、50~70代の男女3人が車内で転倒するなどして打撲などの軽傷を負ったという。

 乗客らは3日にバスで岐阜県内を出発。石川県七尾市の和倉温泉で1泊し、4日に岐阜県に戻る予定だったという。