【動画】再生可能エネルギーである水素を利用した音楽活動について語るSUGIZOさん=坂本進撮影
[PR]

 多摩大学ルール形成戦略研究所の客員研究員に就任することを発表したSUGIZOさん。就任に当たっての意気込みを聞いた。

――社会問題に取り組むきっかけは。

 自分の子どもが大きくなった時、どんな社会を残してあげられているかを考えたのがきっかけ。

 1998年、娘が生まれて2年目の年に、ミサイル実験をするなどして北朝鮮が抱える問題がクローズアップされた。コソボ紛争も勃発した。貧困や飢え、戦火に苦しむ子どもたちの存在を知り、その子たちと自分の娘を置き換えたら「なんて異常な状況なんだろう、このままではいけない」と強く考えるように。そこからです。今年で20年目ですね。

 特に環境問題と難民問題について興味を持つようになりました。最初は自分の娘について考えていたのが、娘の友達にひろがり、国や地球へと広がっていった。

――最初はどのようなこ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら