拡大する写真・図版 全仏オープン4回戦のティエム戦で、試合中に視線を落とす錦織=ロイター

[PR]

 テニスの全仏オープンは3日、第8日がパリのローランギャロスで行われ、男子シングルス4回戦で、第19シードの錦織圭(日清食品)は第7シードのドミニク・ティエム(オーストリア)に2―6、0―6、7―5、4―6で敗れ、2年連続3度目のベスト8入りはならなかった。錦織がティエムに負けるのは3戦目で初めて。ティエムは3年連続の準々決勝進出。

 第2シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)はカレン・ハチャノフ(ロシア)にフルセットで競り勝ち、8強入りした。

こんなニュースも