LGBT、世界最大級のパレード 「政治的自覚」テーマ

有料記事

サンパウロ=岡田玄
【動画】LGBTパレードで埋め尽くされたブラジル・サンパウロのパウリスタ大通り=岡田玄撮影
[PR]

 南米ブラジルのサンパウロで3日、世界最大級のLGBTパレードがあった。主催者によると国内外から300万人が参加。目抜き通りのパウリスタ大通りは、LGBTのシンボルのレインボーカラーの旗を持った人たちなどで埋め尽くされた。

 1997年にゲイパレードとして始まった。22回目の今年は、10月に大統領選があることから「選挙と政治的自覚」がテーマ。主催団体のネルソン・ペレイラ共同代表(51)は「自分の権利を自覚し、LGBTを抑圧する候補に投票すべきではないと気づいてほしい」と話した。

 パレードは、ステージ代わりの大型トラック約20台を中心に行進。ブラジルの人気歌手らが参加し、クラブミュージックをかけながらLGBTの権利拡大を呼びかけた。

 パレードに参加したゲイのル…

この記事は有料記事です。残り531文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント