【動画】新沢千塚古墳群の魅力を語る奈良県橿原市博物館の松井一晃さん=田中祐也撮影
[PR]

 奈良県橿原市の新沢千塚古墳群(国史跡)は、全国でも有数の群集墳の一つだ。群集墳とは、ある範囲に密集して小さな古墳が造られることで、新沢千塚古墳群は丘陵地に約600基の古墳があり、史跡指定地に約400基が密集する。古墳群を子どもの歴史教育に活用してもらおうと、近くの歴史に憩う橿原市博物館が取り組みを進めている。

 5月中旬、和歌山市立山口小学校の6年生が校外学習で新沢千塚古墳群を訪れた。「ここから見える数十個のポコポコしている小さな山は、全部古墳です」。博物館の松井一晃学芸係長(42)が古墳群の前で児童に伝えると「えー!」「マジで」という声が上がった。

 松井さんはさらに、古墳群には円形や長方形、鍵穴など様々な形の古墳があり、棺には武器や装飾品も一緒に埋葬されていたことなどを説明。約1時間半かけて古墳群を巡った。

 児童らは古墳群の見学前に、博…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら