[PR]

佐藤優さん(作家)

 森友学園を巡る一連の問題で、大阪地検特捜部が財務省幹部ら38人全員を不起訴にしました。財務省の公文書改ざんは行政機関の不正行為として非常に深刻な問題です。しかし「疑わしきは被告人の利益」で、刑事責任を評価する捜査機関としては、やむを得ない判断だったと思います。

 8・2億円の値引きがされたとはいえ、複雑な状況が絡んだ土地を1億3400万円で売れたのなら良しとする認識を、財務省が持っていた可能性は否定できません。この価格を損害だと認識していない人物が1人でもいれば、供述という証拠の信頼性は揺らいでしまいます。

 検察は、村木厚子元厚生労働省局長の事件での不祥事の傷も癒えていません。もし、今回の問題で関係者を起訴し、結果的に無罪になった場合、検察組織そのものに壊滅的な打撃を受けます。そんなリスクは冒せません。大阪地検の山本真千子・特捜部長が「佐川さんは『嫌疑なし』という証拠はない」と語った部分に、無念さがにじみ出ていると感じました。

 何かあれば、特捜部にしょっ引…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら