[PR]

 滋賀県警は4日、小学3年の次男(8)をエアガンで撃ち負傷させたとして、大津市唐崎1丁目の無職の母親(38)と内縁の夫の塗装工細田直希容疑者(26)=同県野洲市小篠原=を傷害容疑で逮捕し、発表した。認否は明らかにしていない。

 大津署によると、5月30日午後6~7時ごろ、両容疑者は共謀し、母親宅でエアガンを次男に向けて数発撃ち、左ひざと右肩に軽傷を負わせた疑いがある。

 大津市子ども家庭相談室によると、翌31日に次男が学校で担任教諭に「エアガンで撃たれた」と伝えて発覚。連絡を受けた県大津・高島子ども家庭相談センターが署に届けた。4日までに県が次男と長男、三男を保護したという。

 同センターによると、長男が虐待されている恐れがあるとして、一昨年11月に子ども3人を一時保護し、その後は母親から定期的に相談を受けていた。(宮城奈々)