[PR]

 沖縄地方は今年に入り、2月から少雨傾向が続いている。2月の降水量は平年比51%。3月は同84%と一時回復したが、4月に同77%、5月は同27%と記録的な少雨を観測した。降水量は4カ月連続で平年を下回り、ダムの貯水量は5月以降、連日下がり続けている。

 南大東の5月の降水量は18・5ミリと平年比9%にとどまり、1942年の統計開始以来、最も少なかった。ほか北大東25・0ミリ、宮城島21・0ミリ、慶良間36・0ミリなど計10地点で5月の最少雨量を更新した。

 同月は那覇も33・0ミリで平年比14%、名護は56・5ミリで平年比25%と、全ての地点(気象台、特別地域気象観測所の8地点)で平年を下回った。

 太平洋西側の熱帯域で海水温が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら