【動画】円形脱毛症の悩みや克服法を語る元プロ野球選手の森本稀哲さん=野中良祐撮影
[PR]

 北海道日本ハムファイターズなどで活躍した、元プロ野球選手の森本稀哲(ひちょり)さん(37)は円形脱毛症の当事者です。華麗なプレーと明るいキャラクターでも人気を博しました。どんな思いで病気と向き合ってきたのか、聞きました。

 発病は小学1年のとき。髪の毛をつかむと抜けてしまい、何ともいえない恐怖心がありました。外出時はいつも帽子をかぶっていました。からかわれて嫌な思いをしたこともありました。初対面の人に会うのがストレスで、目線から逃れたいと思っていました。

 小学4年で野球を始めました。みんな帽子をかぶるので、ストレスはかなり減りました。治療をやめたのは5、6年生のころ。薬もかゆかったり、ヒリヒリしたり。自分から「もういいよ」と、親に言いました。

 中学、高校と野球に没頭し、活躍できるようになると、逆に「目立っていいじゃん」と。プロ入り後は、同じような子どもたちのためにも活躍しよう、という思いが強かったです。

 意外と周囲は気にしていなくて、自身が一番気にしてしまうんです。気にすることから外れた瞬間から、人生ががらっと変わりました。楽しいし、毎日が明るくなった。治療を受けるかどうか、かつらをつけるかどうか。どちらにしても、それによって前向きな気持ちになることが大切だと思います。

 僕も病気に向き合うチャレンジャーの一人。同じ病気の人の力になれることがあれば、何でもしていきたいです。(野中良祐

関連ニュース