[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会へ向け、日本代表はオーストリア・ゼーフェルトの合宿でチームづくりを進める。新たな試みは3バック、4バックの布陣の使い分けをめざすだけではない。選手の定位置も入れ替えている。

 攻撃の組み立てやゲーム形式で戦術を確認した4日の練習。西野監督就任後、初めてピッチ上の選手が4バックの4―2―3―1の布陣で並んだ。ただ、従来とは微妙に違う位置に、選手たちが立っていた。

 例えば、近年は不動の右サイドバックだったDF酒井宏(マルセイユ)が、左サイドに入る時間も長かった。中盤の底が主戦場のMF柴崎(ヘタフェ)を、トップ下に置く形も試した。

 酒井宏は「クラブでも左右両方やって、アシスト数も二つずつ。普通にできると思う」。一方で柴崎は「トップ下は他の選手の方が適任で、自分はもう一つ低い位置から行きたい。そこは(監督に)伝えていきたい」と話した。

 2列目でも本田(パチューカ)や宇佐美、原口(ともにデュッセルドルフ)がサイドに中央にと、入れ替わりながらプレーした。

 西野監督は「選手はもっとできる。力を引き出したい」と語ってきた。これまでのポジションにとらわれずに、より最適な配置や組み合わせがないかを試行錯誤している。W杯前の親善試合残り2戦で、「全員を起用したい」との考えを示している。布陣もメンバーもあえて固めず、チームに幅を持たせようとの狙いがみえる。(藤木健