[PR]

 ケーキ店が同性婚カップルのウェディングケーキ作りを拒めるかどうかを問われた裁判で、米連邦最高裁は4日、手続きに問題があったとして、拒否を「差別」とした州控訴審判決を破棄した。店主側は「ケーキ作りは表現の自由」などと主張したが、判決はこの点には踏み込まなかった。

 この裁判は、同性愛者の権利擁護と表現や信教の自由のどちらが優先されるかに注目が集まっていた。判決の主流意見を書いたケネディ判事は「手続き」という今回の事例特有の問題に焦点を当て、こうした論点については「今後の審理に委ねる」と判断を先送りした。判事9人のうちリベラル派2人を含む7人が同意した。

 問題となっていたのはコロラド州のケーキ店で、2012年7月に結婚を予定していた男性同士のカップルがウェディングケーキ作りを相談したところ、店主はキリスト教への信仰を理由に断った。カップル側は州公民権委員会に性的指向などへの差別を禁じる州法違反と申し立てた。州行政裁判所が「差別」との判決を下し、控訴審でもこの判決が維持された。

 これに対し、最高裁は公民権委員会の審理過程で、委員が信教の自由への反感を示していたと指摘。店主側の信教の自由に基づいた主張が公正に扱われなかったとして、宗教や言論の自由を定めた憲法修正第1条に違反したとし、原判決を破棄した。

 今回の判決については、同性愛者ら性的少数者への差別を助長するとの批判が出ている。一方、今後の同様のケースの審理については信仰への配慮とともに、同性愛者の尊厳を守ることも求めており、同性愛者の権利について理解を示したとの見方もある。(ニューヨーク=鵜飼啓)

こんなニュースも