[PR]

 新潟市西区の小学2年の女児(7)が殺害されて線路上に遺棄された事件で、殺人容疑で再逮捕された近くに住む会社員、小林遼(はるか)容疑者(23)が、女児を車内に連れ込んで間もなく首を絞めたという趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材でわかった。新潟県警は、小林容疑者が、連れ去った場所の近くで殺害した疑いがあるとみて調べている。

 捜査関係者によると、小林容疑者は、亡くなった女児が自宅と約300メートル離れた踏切との間の線路沿いを歩いている際、軽乗用車で後ろからはねたと供述。「泣いたのでパニックになり、車内に入れて間もなく首のあたりを絞めた」と話しているという。

 県警は、司法解剖の結果などからも、女児が下校から間もない夕方ごろまでに殺害されたとみている。小林容疑者は関与を認める一方、殺意は否認している。はねたのも故意ではなかったという趣旨の説明をしており、県警は慎重に裏付けを進めている。