[PR]

 甲府市上阿原町の市立玉諸(たまもろ)小学校(全校児童698人)で5日、この夏初めてのプールの授業があった。

 正午前、プールサイドの気温と水温は共に24度ほど。1年生98人は準備体操をした後、「冷たい!」「寒いよ!」と歓声を上げながらプールに入った。水中でジャンプしたり、潜ったり、水を掛け合ったりして楽しみ、元気いっぱいの声が響きわたった。

 プールの授業は約40分間。教諭が「今日はこれで終わります」と告げると、何人もの児童から「えっ、もう終わるの」の声が上がった。深沢龍ノ介君は「全部楽しかった。もっとプールにいたい」。(河合博司)