[PR]

 上越市で毎年開かれている謙信公祭で今年、上杉謙信を演じる人物を主催者の謙信公祭協賛会が12年ぶりに市民から公募している。謙信公祭は大正15(1926)年に始まり、93回目となる今年は8月25、26日に開かれる。

 謙信役は2007~15年のうち7回、歌手・俳優のGACKT(ガクト)さんが演じたが、主催者は一昨年から「市民主体の祭り」に転換。一昨年は村山秀幸市長(69)、昨年は田中弘邦・上越観光コンベンション協会会長(91)が謙信に扮して馬に乗り、出陣行列に登場した。来場者数は、GACKTさんが出演した年は約20万~24万人に上ったのに対し、一昨年と昨年は約15万人にとどまった。

 今年の謙信役は大将の甲冑(かっちゅう)を着て出陣行列などに参加。川中島合戦の再現の際は、入退場に参加するが、演武はスタントマンが行う。

 募集は1人。18~65歳程度。市民のほか、市内への通勤・通学者も可。参加料5万円。申込書に必要事項を記入し、写真を貼って協賛会事務局の市観光振興課に申し込む。29日締め切り。書類審査とオーディションで決める。