[PR]

 愛知県警が痴漢撲滅を訴える目的でポスターを作製したところ、インターネット上で「逮捕=有罪の確定」と誤解させる表現があるなどとして、弁護士らによる批判が相次いだ。批判的な意見はネット上で「炎上」を引き起こしており、県警は5日、「ポスターの本来の趣旨が異なる伝わり方をした」と、貼りだした500枚を撤去した。

 ポスターは、痴漢撲滅キャンペーンの一環で、1日から県内の主要駅などに掲示。県内のデザイン会社に発注し、県警鉄道警察隊と同社で内容を協議しながら作った。費用は約9万円。

 「あの人、逮捕されたらしいよ」というタイトルのポスターは、痴漢で逮捕された男性がアニメ調で描かれている。この男性に対し、女性2人がSNS上で「性犯罪者じゃん」「仕事もクビになるよね」などと、男性を犯罪者と断定してうわさ話をしている。

 この表現を巡り、ネット上で亀石倫子弁護士らが「痴漢は最も冤罪(えんざい)が多い類型の一つで、逮捕=犯罪者扱いするのは一線を越えすぎ」などと批判。県警には、5日昼までに55件の苦情や問い合わせの電話が寄せられた。

 県警は、今回のポスターの作製理由を「今風で若者受けすると判断した」と説明。ただ、「痴漢は犯罪だという認識を広めたい、犯行をとどまらせたい、という気持ちでつくったが、本来の趣旨と異なる伝わり方になった」と、撤去に踏み切った理由を説明する。

 刑事裁判では、有罪が確定するまでは「推定無罪」が大原則。亀石弁護士は「撤去は賢明な判断。捜査機関の警察が、誤解を与えるメッセージを発信するのは問題だ」と話した。(井上昇、田中恭太)