[PR]

 介護や医療関係者が駐車スペースのない訪問先で仕事をする際、近隣住民が無償で駐車場を提供する「ハートフルパーキング」が、愛知県春日井市の中でも特に高齢化が進む高蔵寺ニュータウン(NT)で始まった。全国的にも珍しい取り組みで、5月からはエリアが市内全域に拡大された。

 50年前の1968年に入居が始まった高蔵寺NTの高齢化率(昨年10月現在)は市全体(25・1%)を大きく上回る33・4%で、年々上昇している。中でもNTの石尾台、高森台地区は介護や医療の需要が多いものの、住宅地のため有料駐車場は少ない。道路幅が狭く、路上駐車を避けるために駐車スペースの確保が課題だった。

 市が着目したのは、仕事などで日中は空いていたり、子どもたちが独立して必要がなくなったりした住宅の駐車スペース、店舗などの駐車場だ。利用しない時間帯に提供してもらう仕組み作りに着手し、提供者と利用者のマッチングのためにインターネットで登録、予約するシステムを約220万円かけて構築した。

 神戸洋史・市地域福祉課長は「全国的にもほとんど例がなく、開発に費用がかかった」と説明する。利用者が希望の場所や日時を入力し、駐車スペースを確認して予約する。無料で使えるが、事故があった場合には利用者が責任を負う。

 高蔵寺NTでは昨年12月に試…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら