[PR]

 コーヒー飲料メーカーの味の素AGFは、60~65歳の再雇用社員(約50人)について、7月から週休3日制を導入すると発表した。同時に給与も引き上げ、年収を約3割増やす。働き方改革の一環で、定年前との待遇の格差を縮め、働き手を確保する狙い。

 再雇用社員は基本的に土日曜日と水曜日が休みになる。年間休日数は正社員よりも35日多い156日になる。

 また、2019年度からは全社員(約750人)を対象に1日の所定労働時間を今より40分短い7時間に短縮する。同社の17年度の1人当たりの年間労働時間は1991時間。19年度までに1910時間に縮めることを目指している。