[PR]

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕強化本部長は5日、「2020年の東京五輪で金メダル30個の獲得をめざす」と語った。JOC理事会のなかで報告した。日本の夏季五輪の金メダル獲得数は、1964年東京大会と04年アテネ大会の16個が最多。16年リオデジャネイロ大会では12個だった。山下本部長は「決して簡単ではないが、実現可能。JOCは元々世界3位をめざすという目標を掲げており、それを実現させるためにも30という数になった」などと説明した。