[PR]

 「京都の二十歳」として出現し、独自の作品世界と驚異的な速筆で活躍する小説家の西尾維新。デビュー15周年を記念する展覧会「西尾維新大辞展~京都篇(へん)~」(展覧会公式サイト http://exhibition.ni.siois.in/別ウインドウで開きます)が7日、京都市の京都文化博物館で開幕します。会場を一冊の辞典に見立て、作品に登場するフレーズやアニメーション原画などの展示で、100冊を超える著作の魅力を紹介。作家その人に、展覧会への思いや執筆秘話を聞きました。

――デビュー15周年記念の展覧会「西尾維新大辞展」は、どのような機会になりましたか?

 展示された情報によると、15年間で1600万文字ほどを書いてきたらしいのですが、それをひとときに振り返るのはすごく良い体験になりました。15年間、常に次の1作、というより次の1行のことだけを考えて書いてきた人間だったので、覚えているつもりでも、忘れていることがあったり、意外と忘れられない出来事もあったりして。それがここから先に生かされていけばいいなと思っています。たまには振り返ることも必要ですね。

――普段はほとんど振り返らないのですか?

 そうですね。いま書いてるもの、次に書くもののことばかり考えてしまっていて、なかなか振り返る時間を作ってこられなかったんです。それができたのが、すごくうれしかったです。色んなシリーズで、同じシリーズでも初期と後期でバラバラに書いてるつもりでも、全作に共通するようなテーマや自分では気付かなかった一貫性があったり。逆に、同じように書いてきたつもりでも、改めて振り返ってみると全然違うこと書いてるというようなことを思ったり。客観的に15年間を振り返ることができた感じですかね。

――展覧会の機会がなければ、そのようなことも

 なかったと思いますね。ありがたいことに次に書く小説のスケジュールがあったりすると、どうしても。個々で言えば、アニメ化やドラマ化、あるいはコミカライズの時に1作1作を振り返ることはあるんですけれど、その時もだいたい驚きますね。

――驚くというのは?

 僕は10年前からずっとこういうことを書いていたんだと思ったり、逆に去年出した本なのに、いまはもう全然違うことを書いていると思ったり(笑)。その時その時にしか書けないものを書きたいと思ってるという意味では後者のほうが正しいはずなんですけれど、でもやっぱり前者もうれしかったりもしますね。1行1行積み重ねてきたつもりだったけど、意外と貫いているじゃないかと。普段振り返ってないから、あまり体系的に自身を「読む」ことはないんですけど、展覧会はそれができた感じでした。

「京都という土地に育んでもらった」

――デビュー当時のキャッチコピーは「京都の二十歳」でした

 京都側にそういう気持ちがあるかどうかはわからないですけど、作家として京都という土地に育んでもらったような気持ちがあったので。(ミステリー系レーベルの)「講談社ノベルス」を読んで作家になったという経緯がそもそもあるんですが、一時期、本格ミステリーの「京都感」というのがあったんです。素晴らしい作家が京都から物語を発信してくれているイメージもありましたし、「京都の二十歳」というキャッチコピーで、そこに仲間入りできたかのような気持ちに勝手になっていました。いまではなかなか京都にいられる時間って少なくなりましたけれど、それでもやっぱり特別な場所です。

――京都という土地が作品や作風に与えた影響はありますか?

 もし京都で書いていなければ、(デビュー作を含む)「戯言(ざれごと)シリーズ」はまったく違うものになっていただろうなということは思います。そもそも作家になれていたかどうかとも。

――展覧会の最終会場となる京都文化博物館はご存じですか?

 四条河原町から烏丸にかけては観光地ですけれど、僕にとっては本屋さんがいっぱいある書店街だったので、結構あのあたりを徘徊(はいかい)していた頃があって。建物の外観の写真を見せてもらったら、あの本屋さんからあの本屋さんに移動する時の!と。なので、この展覧会にいらしてくださるのであれば、ぜひ近隣の本屋さんから本屋さんへの過程で、寄っていただけるとうれしいです。

――なじみのある場所なのですね

 僕が覚えているのは、すぐそばに郵便局があることですね。ひょっとしたら(デビュー作の)「クビキリサイクル」を応募したのはこの郵便局だったかも、という話をしようかと思ったのですけど、違いました(笑)。そうだったらいい話だなと思って振り返ってみたのですが、まったく違う場所の郵便局から応募してました。

――その京都で、展覧会はファイナルを迎えます

 運命的なものを感じてます。土地柄的にもまさにファイナルにふさわしい展覧会になると思いますし、最後のごあいさつができればとも思っていますので。ぜひご覧いただけるとうれしいです。

――最後のごあいさつとは?

 (「大辞展」に)京都ならではの1ページを増補できればという企画です。京都の項目を増やすというようなイメージになりますけれど、うまく盛り込めればいいなと。映画のエンディングロールの後みたいなものです。

「もう一度、京都で小説を」

――旅行中に執筆されることも多いそうですね

 缶詰めの逆というか、解放されて書くのが楽しいという感じです。やっぱり小説は楽しく書きたいので、楽しんでる時に、なるべく楽しい場所で書くのがいいんじゃないかなと。

 今回の展覧会を機会に、久々に京都で身動きせずに長期滞在して小説を書けないかなと思っています。小説を書くという理由があれば、時間は作れるはずと。

――これから、ということですか?

 これからです。もう15周年も過ぎて、次の小説を書いていかなきゃいけないという時に、再び京都に力を借りて。「戯言シリーズ」がそもそも京都から生まれたものだったので、もう一度、京都で何か小説を書いてみようと。まあ、京都が舞台になるかどうかはわかりませんけれど。博多かもしれません(笑)。京都で書くけど博多を舞台にした話というのは全然、ありうると思います。

――もう構想はあるのですか?

 いえ、1行も。1カ月あれば何か思いつくんじゃないかなと思っています。本になる頃には「京都の四十歳」ですかね。

「辞典を作るのが好きだった」

――言葉遊びに満ちた文体や会話劇が魅力。ルーツは?

 小説を読む楽しさみたいなもの以前に、僕は言葉を覚えるのがすごく好きだったので。ルーツがどこかとなると、辞典を読むのが好きだった時代にさかのぼってしまいます。小説のストーリーを楽しみながら、新しい言葉を覚えていくのがすごく楽しかったんですよね。なので、読み終わった時に知らなかった言葉を三つ四つ覚えてもらえたらいいな、と考えながら書いていますね。面白い言葉を面白く覚えられたら一番だとも思っていて、結果、語呂合わせみたいになります。

――辞典を読むのが好き、とは?

 辞典を読むのも、作るのも好きだったんですね。小説を読んで新しい言葉を覚えたら、それをメモしておいて。自分の知らない言葉や好きな言葉だけで作った辞典でした。

――キャラクター同士の軽妙なやり取りはどのように?

 キャラクターを掘り下げる時に、会話していくしかないと思ったんですよね。小説を書き始めた段階ではどのキャラクターも、どんな人物かわからないまま書いているので、それを聞き出すために会話を重ねています。どういうキャラクターなのかをインタビューしているような気持ちです。僕がしている時もありますし、キャラクター同士がそうやって相互理解を深めていく時もあります。だから、饒舌(じょうぜつ)になってくれたらうれしい。なかなか本音でしゃべってくれないキャラクターには、どういう風にアプローチしたらしゃべってくれるだろうと悩まされます。どういう質問をすれば、どう答えてくれるだろうとか。いま、まさにこのインタビューで、僕がしていただいていることかもしれませんが(笑)

〈物語〉シリーズ「永遠に書いていられる」

――作家生活の大半にわたって書き続ける「〈物語〉シリーズ」はどのような存在ですか?

 小説は1行書けば次の1行が書けるということの積み重ねで、逆に言うと、1行書けなければ何も書けなくなってしまう怖さもあるんです。先々の展望を考えながら書いているわけではないので。将来どうなってしまうんだろうという気持ちもあるんですけど、〈物語〉シリーズに関してはもう、永遠に書いていられる安心感がありますね。さすがに10年以上も書いてきたら、多少は次の話をどうしようと考えることはあっても、まあたぶん書いていけるだろうと。僕の指先を信用するというよりは、〈物語〉シリーズはアニメやコミックといった周囲の派生が完璧なので、僕がいま死んでも続いていくだろうという安心感ですかね。

――シリーズ開始当初はどうでしたか?

 最初は1作1作完結させるしかないと考えていました。(第1作の)「化物語(バケモノガタリ)」だけでもう、これ以上書くことはないと思ったぐらいでした。〈物語〉シリーズ全体に限らず、小説をもうこれ以上1行も書けないと思うぐらいの気持ちで「化物語」は書き終えたんですよね。

――死を意識する年齢とは思えませんけれど

 何があるかわかりませんからね。死ぬっていうのはもちろん比喩ですけれど、いつでもこの1冊が最後の1冊になってもいいという気持ちで書いていかないと駄目だと思っています。それは達成感とはまたちょっと違う話になりますが。途中で終わってしまうと、話の続きが読めなくなってしまう読者としての気持ちなんです。だから、たとえこれ以上続刊が出なくても、一つの話としてまとまっていなければいけないと思っていたんです。だけど、〈物語〉シリーズに関してだけは、いまはその気持ちがないかもしれないです。僕はシリーズを完結させたがるほうなんですけど、それでもこれだけ続いているのは、もう大丈夫だと思っているからなんでしょうね。

――完結させたがるというのは?

 「伝説シリーズ」だったら10冊で完結するとか、「戯言シリーズ」は9冊とか。どこか区切りがはっきりしていないと。昔は3年を基準にしてたんです。入学した中学生、高校生が卒業するまでにシリーズが終わるのが理想のかたちだろうというふうに。それはいまでもそう思っているんですけれど、〈物語〉シリーズだけはちょっと違うなと。

――ご自身の手を離れている部分があるということですか?

 かもしれないですね。完結させるべきという気持ちで「終物語(オワリモノガタリ)」を書いたけれど、まだ続けられると思った時に、これはもう僕が続きを書いているというよりは、書かせてもらってるなと思いました。好きな小説をいつまでも書けたらそんな幸せな話はないわけで。

――ではこの先も

 死ぬまで書きましょう。(聞き手・山崎聡)

     ◇

 にしお・いしん 1981年生まれ。詳しいプロフィルは明かしていない。デビュー作の「クビキリサイクル」に始まる「戯言(ざれごと)シリーズ」は京都に暮らす大学生が主人公。「〈物語〉シリーズ」「忘却探偵シリーズ」など著作多数。言葉遊びに満ちた文体や登場人物の会話劇が特徴で、若者を中心に読者の支持を集める。

開催概要

◇7月7日[土]~9月17日[月][祝]、京都文化博物館(京都市中京区三条高倉)

◇午前10時~午後6時([金]は午後7時30分まで)。入室は閉室の30分前まで

◇[月]休館。ただし、16日[月][祝]、17日[火]、9月17日[月][祝]は開館

◇当日一般・大学生1400円(前売り・20人以上の団体1100円)、高校生700円(同600円)、中学生500円(同400円)、小学生以下無料(要保護者同伴)

◇問い合わせ 京都文化博物館075・222・0888

◇展覧会公式サイト http://exhibition.ni.siois.in/別ウインドウで開きます

主催 京都府、京都文化博物館、朝日新聞社、ABCテレビ、ローソンチケット、講談社

企画協力 松屋

特別協賛 サミー

協賛 アニプレックス、エンスカイ、Gift、グッドスマイルカンパニー、大日本印刷、バンプレスト、マックスファクトリー、ムービック、ワキプリントピア

◆クリアファイルやTシャツなど、展覧会オリジナルグッズが約100点。八ッ橋や御朱印帳など、京都会場開催記念グッズも多数販売します