[PR]

特派員リポート 寺西和男(ヨーロッパ総局員)

 欧州共通通貨ユーロの「番人」と呼ばれる欧州中央銀行(ECB)が6月1日、発足から20年を迎えた。発足当時から働くベテラン職員に取材できるイベントが、ドイツ・フランクフルトのECB本部であった。欧州経済の統合の象徴として華々しく生まれたユーロだが、2010年のギリシャ政府債務問題に端を発した欧州債務危機、直近ではイタリアでユーロ懐疑派政権ができるなど、新たな試練に直面する。一線で支える職員たちに20年を振り返ってもらい、思いを聞いた。

     ◇

 ECBの発足は、ユーロ導入を…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら