【動画】苦難の連続 ショパンに重ね ピアニストの成尾亜矢子さん=根本晃撮影
[PR]

 奈良市のピアニスト成尾亜矢子さん(38)が演奏会で、ポーランドの作曲家ショパン(1810~49)の多難な人生や曲の魅力を紹介する一人芝居を演じている。自身も数々の挫折や苦労を経験し、「ピアノの詩人」と呼ばれるショパンに共感したという。

 「お母さん、このきれいな音楽、誰がつくったの」

 「ポーランドの作曲家フレデリック・ショパンよ」

 「どうしてパリで亡くなっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら