【動画】激しく炎を上げる群馬県渋川市伊香保町伊香保の老舗旅館「千明仁泉亭」=読者提供
[PR]

 5日午後9時ごろ、群馬県渋川市伊香保町伊香保の老舗旅館「千明仁泉亭(ちぎらじんせんてい)」の2階から火が出ていると、119番通報があった。

 渋川広域消防本部によると、のどにやけどを負ったとみられる70代の従業員女性を搬送した。宿泊客は出火当時、約20人いたが、避難して無事だったという。少なくとも14台以上の消防車や救急車が出動し、約2時間後に鎮火した。

 県警渋川署は、同じ敷地内にある会社役員千明三右衛門さん(79)方の木造住宅付近が火元とみている。

 旅館のホームページによると、創業500年以上の老舗旅館で、明治の文豪・徳冨蘆花が定宿としていたという。

 旅行で伊香保温泉を訪れていた奈良県の会社員谷本大樹さん(23)は、火事のあった旅館から徒歩10分ほどの場所に宿泊していた。午後9時ごろ、散歩に出かけようとして火の手が上がっているのに気づいたといい、「バチバチと大きな音を立てて燃えていた」と話した。現場は旅館や土産物店が密集した場所で、消防車が火事現場になかなか近づけず、消防隊員がホースをつないで消火にあたっていたという。

 旅館の女性従業員は「火災警報器が鳴って、出火に気づいた。経営者の親族が『煙が出ている』と叫んでいるのを聞き、従業員が宿泊客を誘導して避難させた。木造なので、火の回りは早かった」と話した。