[PR]

 12日にシンガポールで開催される米朝首脳会談の会場について、米ホワイトハウスのサンダース報道官は5日午後(日本時間6日未明)、会談場所はシンガポール本島の南にあるセントーサ島のカペラホテルとなることをツイッターで明らかにした。

 カペラホテルは同国屈指の高級ホテル。コロニアル様式で、最高級の部屋の宿泊費は1万シンガポールドル(約82万円)程度とみられる。過去に米国のポップ歌手マドンナさんやレディー・ガガさんが宿泊したことでも知られる。小島にあるため、警備がしやすいとみられる。

 会場の候補として名前が挙がっていた最高級ホテルのシャングリラホテルは首脳らの宿泊先となる可能性が指摘されている。首脳会談は12日午前9時(日本時間午前10時)から始まる予定。ポンペオ米国務長官は5日、国務省でシンガポールのバラクリシュナン外相と会談し、シンガポール側の協力に謝意を示した。

 一方、外貨不足に悩む北朝鮮が宿泊費の肩代わりを求めているという報道に関連し、米国務省のナウアート報道官は5日の記者会見で、「米政府は北朝鮮代表団のために宿泊費を支払うつもりはない」と語った。

 トランプ大統領は5日、米ホワイトハウスで記者団に対し、米朝首脳会談に向けた準備について「ものごとはとても順調に進んでいる」と強調。「(首脳会談は)とても重要な数日間になるだろう」と話した。(ワシントン=園田耕司、シンガポール=守真弓)