[PR]

 6日午前3時45分ごろ、石川県白山市相川(そうご)新町の製紙会社「中川製紙」の従業員から「タンクに人が転落した」と119番通報があった。消防隊員が駆けつけると、工場内のタンクに男性社員3人が倒れており、死亡が確認された。

 白山署によると、3人は丸谷圭一さん(57)=金沢市三口新町4丁目=、飯田弘さん(49)=白山市新田町=、中村健司さん(27)=同市番田町=で、死因や原因を調べている。

 白山署によると、3人が倒れていたのは古紙と水、希硫酸などを混ぜて再生紙をつくる深さ約5メートルのタンク。タンクの不具合を確認しようと、はしごでタンク内に下りた丸谷さんが最初に倒れた。助けようとタンクに入った飯田さん、さらに中村さんも相次いで倒れたという。

 近くに住む女性は「地元の人を雇用していて評判もいい。3人が亡くなったと聞いて、とても驚いている」。近所の男性は「息子が働いている。とても心配だ」と不安そうに話していた。

 現場はJR松任駅から北西約3キロ。