[PR]

 メルセデス・ベンツ日本は6日、全面改良した高級オフロード車「Gクラス」の受注を始めた。排気量4.0リットル、V型8気筒直噴ツインターボのガソリンエンジンを搭載。車体は全長が5.3cm、幅が6.4cm大きくなったが、ドアやボンネットをアルミ製にするなどして170kg軽量化し、室内も広くした。「G550」は左ハンドルのみで消費税込み1562万円。G550の422馬力に対し、メルセデスAMG社が開発した585馬力の排気量4.0リットルV8エンジンを積むスポーツ仕様の「AMG G63」(左、右ハンドルあり)は2035万円から。

 Gクラスは1979年に発売され、軍用車のような四角い車体デザインが人気で大きな変更なく作られてきた長寿車種。今回は39年ぶりの全面改良となる。新型は丸形ヘッドライトや四角い車体デザインなど先代の外観デザインを生かしながら、フレームや足回り、エンジン、駆動系を全面的に刷新。悪路での走破性を向上させた。内装では丸形ヘッドライトをモチーフにしたエアコンダクト、車両情報や地図を表示する12.3インチのディスプレーを備える。

 なお、長く人気を博した従来型のGクラス(税込み1090万~3900万円)も継続販売するという。