[PR]

 ビルの屋上にカモの親子が現れた――。千葉県柏市若柴の「辻仲病院柏の葉」の屋上にカモの親鳥と複数のヒナがすみつき、仲良く歩いている。職員や入院患者は「ヒナが無事に育って」と見守っている。

 病院は入院患者がいる8階建てと、3階建ての建物が連なっている。5月30日、3階建ての屋上を見た患者が「あれはカモじゃないか」。そう伝えられた職員が確認すると、親鳥と11羽のヒナがいた。ここで卵を産んだらしい。

 病院は、つくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅近くにあり、一帯にはビルやマンションが立ち並ぶ。街づくりの一環で屋上緑化が進められ、病院の屋上には草が生えている。「緑があってカモにとっていい場所だったのか」と病院の法人事務局長を務める鴨志田道博さん。

 病院は市に相談し、そのままにしておくことに。ただ、相談直後にヒナがカラスにさらわれ、8羽に減った。そこで職員が長い草の先端を丸めて天敵から隠れやすいようにした。水を飲んだり、泳いだりできるように植物のプランターを使った臨時の「池」も設置。鴨志田さんは「カモがここを選んでくれた。温かく見守っていきたい」という。

 我孫子市鳥の博物館の斉藤安行学芸員は「最近、都市化された場所で見られるようになった現象。餌や天敵にやられない安全な場所があるかどうかが、ヒナが自立するまで生きていけるかの分かれ目になる」と話す。(上嶋紀雄)