サバの缶詰、なぜ人気?ツナ缶より生産多く、販売休止も

有料記事

中野浩至
【動画】サバ缶ができあがるまで=中野浩至撮影
[PR]

 サバの缶詰が売れている。年間生産量でツナ缶を逆転。増産に追われる生産現場からはうれしい悲鳴があがり、店頭にはおしゃれなデザインの新商品も並ぶ。なぜいま、サバ缶なのか?

 都市圏を中心に約160店舗を展開するスーパーマーケット「成城石井」(本社・横浜市)。高級食材が並ぶ店頭で、庶民の味のイメージが強いサバ缶が飛ぶように売れている。同社によると、今年5月のサバ缶の売り上げは、前年同月比約220%。これまで2メーカーの取り扱いだったが、7メーカーに増やした店舗もある。

 「生産が間に合わず、販売を…

この記事は有料記事です。残り1085文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!