[PR]

古川元久・国民民主党幹事長(発言録)

 あってはならない不祥事、不正が行われた。それだけでも信が失われているにもかかわらず、お手盛りの甘い処分と責任者の麻生財務大臣が責任をとらない。国民の政治や行政に対する信頼は、完全に失墜したと言わざるを得ない。

 民間企業でやったらどうなるか。中小企業だったら銀行が貸しているお金をただちに引き上げて、間違いなく倒産する。経営者は、仮に従業員が問題を起こしても責任は問われるはずだ。上場企業なら間違いなく上場廃止だ。経営者がそのポジションに居続けることはありえない。

 本来、政治や行政は民間人の範にならなければいけない。政治や行政が、民間ではありえないようなことを認められたら、誰を信じればいいのか。会社で言えば株主は国民です。もし、こんな会社の株を持っていたらただちに売っぱらうと思う。(国会内の集会で)

こんなニュースも