[PR]

 まちおこしに取り組む女性経営者らが集まった「ニッポンおかみさん会 全国フォーラム」が6日、静岡県掛川市のホテルであった。合言葉は「そろばんとハートで花を咲かせよう」。参加した約300人は、女性が担うまちおこしについて考えた。

 準備にあたったのは掛川駅前の活性化に取り組む掛川おかみさん会で、同会の山本和子会長が「小さな掛川で全国大会ができるか不安だったが、皆さんの協力で開催でき、感謝したい」と開会のあいさつをした。

 基調講演では川勝平太知事が「女性が活躍する時代は平和な時代。皆さんの活動に期待している」と話した。東京・浅草で町おこしを続ける冨永照子・一般社団法人ニッポンおかみさん会会長は「人脈を作り、情報を得て、企業などの協賛を得ることが大切」と極意を披露。その後は、シンポジウムや交流会で親睦を深めた。

 全国集会は冨永さんらが1990年代に始め、3年前から各地でフォーラムを開いている。(長谷川智)