[PR]

 6日午前11時半ごろ、仙台市太白区茂庭の日本郵便輸送東北支社の敷地内にクマが入っていくのを見たと通行人から110番通報があった。仙台南署員が現場や周辺を捜索し、倉庫の鉄骨の上に体長約70センチの雄のクマが横になっているのを見つけた。最初に目撃されたクマとは別とみられる。

 署員らが倉庫の扉を閉めるなどして封鎖。猟友会や区役所の職員らとともに麻酔で眠らせ、午後4時半ごろ、このクマを捕獲した。もう一頭のクマの行方はわかっていないという。

 現場は東北自動車道と仙台南部道路が交差する仙台南インターチェンジのすぐ北側。付近には郊外型の商業施設や民家が点在し、約1キロ圏内には宮城大学もある。