死体遺棄容疑で53歳女を逮捕 軽自動車のミイラ化遺体

[PR]

 車内に男性の遺体を遺棄したとして、警視庁は6日、住居不詳、パート従業員の渡辺喜美枝容疑者(53)を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。「放置していない」と容疑を否認しているという。

 赤羽署によると、逮捕容疑は、今月初めから5日ごろにかけて、東京都北区赤羽北2丁目のコインパーキングに止めた軽自動車内に、男性の遺体を遺棄したというもの。遺体はミイラ化しており、身元は判明していない。目立った外傷はないという。

 車は渡辺容疑者の所有で、福島県の「いわき」ナンバー。渡辺容疑者は、少なくとも昨年から男性と車上生活を続けていたと説明。昨年12月ごろに体調不良だった男性の容体が悪化し、車から一度離れて戻ると息をしていなかった、と話しているという。6月5日午後8時半ごろ、車から異臭がするとの110番通報があり、発覚した。