[PR]

 カリスマ的人気で知られる米ジャズサックス奏者ジョン・コルトレーン(1926~67)の未発表スタジオ録音が55年ぶりに日の目を見ることになった。29日にCDと配信で世界同時発売される。元妻の娘の元に録音テープが残っていた。コルトレーン絶頂期の姿が垣間見える。

 タイトルは「ザ・ロスト・アルバム」。63年3月6日、ニュージャージーのヴァン・ゲルダー・スタジオでの録音。マッコイ・タイナー(ピアノ)、ジミー・ギャリソン(ベース)、エルビン・ジョーンズ(ドラムス)との「黄金のカルテット」の演奏だ。コルトレーンは当時、新興レーベルのインパルスと契約。日本でも人気の「バラード」「ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマン」などのアルバムを、この4人で次々と吹き込んでいた。

 今回の録音はレコード会社には残っていなかったが、2005年に予備テープが元妻ナイーマの娘の元にあることが判明。権利関係など調整に時間がかかったが、約47分全7曲のアルバム化が実現した。2曲は未発表のオリジナル曲。「バラード」などのムーディーな路線ではない、本来の熱気あふれる演奏だ。

 当時の米国は64年の公民権法、65年の投票権法制定と人種差別撤廃の機運が高まっていた時期。南部出身の黒人だったコルトレーンは社会情勢や事件に反応した曲も発表していた。

 日本盤で解説を書くコルトレーン研究家の藤岡靖洋さんは「社会の変革期に対する思いもうかがえるような文句のつけようのない演奏だ」と話す。(西正之)