[PR]

 ほんの半年ほど前まで、想像すらできなかった米朝首脳会談。両首脳は世界史の新たなページをめくったといえるのか。日本とアジアはどんな影響を受け、何が変わらないのだろう。

非核化、検証が最も困難 秋山信将・一橋大学教授

 重要で困難なのはこれからです。「非核化」といっても、米朝両国がビジョンを共有しているかは疑問で、首脳会談後のトランプ米大統領の記者会見を聞く限り、工程も不透明です。

 米国にとって、直接的な脅威削減になる「非核化」は目的です。しかし、北朝鮮にとっての「非核化」は、そのプロセスを通じて米国による体制の保証と脅威削減を獲得し、制裁解除と経済的な報酬を受け、さらには米国との対等な関係を内外に誇示するための手段でしょう。米国とロシアの「軍備管理」のような関係を内外に示すことも意図するかもしれません。

 実務的な協議が近く始まるよう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら