毎朝4時起き、命令されひらがな練習 死亡の結愛ちゃん

有料記事

[PR]

捜査関係者「必死に、一生懸命きれいな字で」

 東京都目黒区で虐待を受けたとされる船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が3月に死亡した事件で、警視庁は6日、すでに傷害罪で起訴されている父親の無職船戸雄大容疑者(33)を、保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕し、母親の優里容疑者(25)も同容疑で新たに逮捕した。同日発表した。

 「もうパパとママにいわれなくてもしっかりとじぶんからきょうよりもっとあしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします」

 結愛ちゃんが暮らしていた自宅アパートからは、両親への謝罪の言葉が鉛筆でつづられたノートが見つかった。結愛ちゃんは雄大容疑者の実子ではなく、雄大容疑者と優里容疑者との間に生まれた弟(1)がいたが、寝る部屋も1人だけ家族と別にされていたという。

 捜査1課などによると、結愛ちゃんは自ら目覚まし時計をセットして毎朝午前4時ごろに起床。雄大容疑者に命じられ、平仮名を書く練習をしていたという。横書きされた文字はさらに続く。

 「これまでどれだけあほみた…

この記事は有料記事です。残り1153文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!