写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 iPS細胞による再生医療をめぐり、免疫の型の一致にこだわらない治療法を計画する企業や研究機関が出てきた。細胞を提供する京都大iPS細胞研究所(CiRA(サイラ))は、拒絶反応を減らすため、多くの人と免疫の型が合う細胞を備蓄する「ストック事業」を進めている。企業などの計画の成否は、型の一致を前提にしてきたストック事業の将来像にも影響しそうだ。

京大は患者との一致めざす

 iPS細胞は患者自身の血液からつくれるため、拒絶反応の心配がないことが当初大きな利点とされた。実際、理化学研究所などが2014年、世界で初めて目の難病「加齢黄斑変性」の患者に、iPS細胞からつくった網膜の組織を移植した手術は、本人の細胞からつくったiPS細胞を使った。だが患者一人ひとりに合わせるやり方は、培養や品質検査に膨大な費用と長い期間が必要だった。

 多くの人に安価にiPS細胞による医療を提供する――。そのための取り組みがストック事業だ。多くの日本人と免疫の型(HLA型)が合って、拒絶が起きにくい型をもつ人から血液の提供を受けてiPS細胞をつくって備蓄。希望の研究機関や企業に配る。患者からつくるより費用や時間を抑えられる。

 CiRAのストック事業は、国…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら