[PR]

 適応範囲が広く、安価に製造でき、副作用も少ないとされる「ペプチド医薬品」に製薬業界の注目が集まっている。塩野義製薬は6月から、創薬ベンチャーなどと共同で世界最大規模の原料工場の建設を始める。新薬開発が進まずに世界規模の再編が進むなか、生き残りをかけた次代の柱に育てるつもりだ。

 東京大学発の「ペプチドリーム」などと組み、塩野義の摂津工場(大阪府摂津市)内に工場を建てる。総費用は約150億円で、2019年9月の稼働を目指す。感染症など7分野で新薬の開発を進めており、並行して原料の量産体制も整える。28日の式典で、手代木功社長は「世界でもこの規模の工場はない。世界に輸出できるようにしたい」と語った。

 鎮痛剤のアスピリンなど昔から…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら