[PR]

 神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、「あおり運転」をされたワゴン車の夫婦が死亡した事故で、長女(16)が7日、代理人の弁護士を通じてコメントを出した。「事故から1年が経ちましたが、私の中では時間が止まったままです」などとつづっている。

 事故は昨年6月5日午後9時半過ぎに発生。静岡市清水区の萩山嘉久さん(当時45)と妻友香さん(同39)が死亡した。長女は、家族で一緒に出かけ、食事をしたり、車に乗ったりしている夢をよく見るといい、「両親は死んでるはずなのになんで生きているのだろう、これは夢なんだと思っている自分がいるのです」などと訴えている。

 この事故では、石橋和歩被告(26)=福岡県中間市=が横浜地検に自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪で起訴されている。起訴状などによると、萩山さん一家のワゴン車に対して「あおり運転」し、前に割り込んで減速するなどして走行を妨害して停車させ、後方から来たトラックによる追突事故を引き起こして2人を死亡させたなどとされる。初公判の日程は決まっていない。(飯塚直人)

 コメントの全文は次の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら