[PR]

 梅雨の時期になり湿度が高まると、家にカビが生えやすくなります。いったん生えると減らすのは難しく、増やさないようにする日常の対策が大切です。

 カビは気温が20~30度、湿度が80%以上になると生えやすくなる。家の中に生える主なカビはクロカビやアオカビ、コウジカビなど。ホコリやあか、糖分など何でも栄養源となる。千葉大学真菌医学研究センターの亀井克彦教授によると、きれいに見えている室内でも1立方メートルの空気中に1千個ほどのカビの胞子があるという。湿度が高く、空気がよどんでいる環境では、その数がさらに増える。

 「カビを吸う量は少ないにこしたことはない。ぜんそくがある人や肺が弱っている人は特に気をつけた方がいい」と亀井さん。ぜんそくなどのアレルギー症状がある人が吸い込むと、症状が悪化することもある。コウジカビの仲間のアスペルギルスは、肺の病気がある人や高齢者らにせきや熱、血痰(けったん)が出る慢性肺アスペルギルス症を引き起こす。数は少ないが、トリコスポロンというカビを吸うと健康な人でもせきや熱が続き、重症化すると呼吸困難を起こす夏型過敏性肺炎になることがある。

 NPO法人カビ相談センター(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く