[PR]

それぞれの最終楽章・がん看護の現場で(3)

田村恵子・京都大学大学院教授

 春の大型連休の直前、36歳の女性会社員が猛烈なおなかの痛みを訴え、救急車で運ばれてきました。初めに診た婦人科はがんが強く疑われると判断、その後、消化器内科でさまざまな検査をし、1週間後「胃がんのステージ4です。腹膜に転移し手術ができる状態ではありません。抗がん剤で治療します」と告知しました。

 告知は本人に加え、母親、交際…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら