[PR]

 勉強すればするほど「やる木」が育ちます――。文具大手のコクヨが、鉛筆に装着して文字や数字を書いた量を「見える化」する文具「しゅくだいやる気ペン(仮称)」を開発中だ。小学2~4年生を主な対象としており、2019年春に発売する予定だ。

 ノートやドリルなどに書き込む鉛筆の動きをセンサーが感知し、筆記量を記録する。その量に応じ、スマートフォンのアプリの中で「やる木」と名付けた仮想の木が育つ。

 あらゆるものをネットにつなげる「IoT」技術の文具への応用だ。子どもの努力の量をアプリで「見える化」し、宿題に取り組む習慣作りを手助けするのが狙いだ。「やる木」の成長に応じ、文具などがもらえるサービスも検討している。

 想定価格は5千円。クラウドファンディングの大手サイト「レディーフォー」(https://readyfor.jp/projects/yaruki-pen別ウインドウで開きます)でも、8月末まで資金を募っている。(久保田侑暉)