[PR]

JXTGホールディングス 内田幸雄社長に聞く

 国と地方の借金が計1千兆円を超える中でも、安倍政権による財政再建や税制改革への取り組みは遅々として進まない。現状をどう見ているのか、JXTGホールディングス(HD)の内田幸雄社長に聞いた。

 日本で遅れているのは財政再建の話です。アベノミクスの第一の矢や第二の矢はやってきたんだと思いますが、ここだけは全く手がついておらず、(状況も)悪くなってきている。財政を早期にしっかり再建していく、これが一番求められる話だと思います。

 個人の貯蓄があるから国が借金してもよいという論理がありますが、これは変だと思います。「社員がお金を持っているから会社が借金してもいいんだ」と言われたら、社員は迷惑でしょう。本末転倒の議論ではないでしょうか。

 日本円として全体でみればそう言えるのかもしれませんが、それぞれの人間としては困るはず。あれだけ借金していたら、基礎的財政収支(プライマリーバランス)は少なくとも、ある一定の範囲に抑えない限りはダメだと思います。

 経済自体を活性化していかないと、日本は本当の意味での一流にはならないと思います。そこに向けて早期に、規制緩和を含めてやるべきだと思っています。併せて、税と社会保障の一体改革もやるべきです。(聞き手・西山明宏)