[PR]

 視覚障害のある人もない人も一緒に読める「ユニバーサルデザイン」の絵本を手作りし、貸し出す私設図書館が、神奈川県葉山町にあります。視覚障害のある娘がいる女性が2008年に始め、蔵書は約850冊。協力の輪も広がっています。

 壁一面の本棚には絵本。点字プリンターや製本機もある「ユニバーサル絵本ライブラリー UniLeaf(ユニリーフ)」は、代表の大下利栄子さん(58)の自宅の一室にある。大下さんはここで毎日、「ユニリーフ・ブックス」と名付けた絵本作りに取り組む。市販の絵本のページを切り離し、絵本と同じ大きさに切った透明シートに点字を打ったものを、各ページに挟んで再び製本する。絵本は大下さんが選び、県などからの助成金や寄付金で購入している。

 大下さんには、幼い頃に視力を失った次女(21)がいる。教育相談にのってもらった国立特別支援教育総合研究所(神奈川県横須賀市)の研究員から10年ほど前、英国のユニバーサルデザインの絵本を紹介された。何かボランティアを始めたいと考えていた大下さんは絵本を取り寄せ、試行錯誤しながら作ってみた。何冊か出来上がり、視覚障害者の子がいた次女の母校の公立小学校に貸し出したところ、「見える子も一緒に読んでいる」と好評だった。

 大下さんは「視覚障害のある子…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら