[PR]

記者が聞く 父親の心得(中)

 記者(37)の妻は専業主婦。少しでも負担を減らせればと、家事や育児に取り組んでいるつもりです。でも、時に妻を怒らせてしまうことが。何が原因なのか。ウェブサイト「パパの悩み相談横丁」の運営者で、200人以上の相談に乗った心理カウンセラーのおおたとしまささん(44)に聞きました。

 記者は妻、長男(4)、長女(1)の4人暮らし。長女が昨年5月に生まれたとき、記者は地方勤務。忙しい時期だったために同僚に申し訳ないと思いつつ、有給休暇の消化などで1カ月休んだ。

 今年4月に東京に異動してからは、ほぼ毎日、長男を幼稚園のバスまで送って出勤し、週の半分は子どもの入浴に間に合うよう帰る。同僚から「飲みに行かないか」と誘われても原則断る。休日は、子ども2人の相手を1人ですることもある。家にいるときは、気づいたことをできる限りするようにしている。

 同僚の男性からは「よくやってるね」と褒められることも。ただ、妻に「おふろ洗ったよ!」などと報告すると、「ありがとう」の言葉と裏腹に、ムッとした表情をされることもあるような……。何が悪いのか。

 《「俺、やっているぜ」感を出していませんか。単なる自己満足かもしれませんよ。》

 グサッ。言われてみれば、「仕…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら