[PR]

 岡山県津山市で2004年、小学3年の筒塩侑子(つつしおゆきこ)さん(当時9)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された勝田州彦(くにひこ)容疑者(39)の勾留理由開示の法廷が8日、岡山簡裁(小林正明裁判官)であり、勝田容疑者はこれまでの供述を翻し、「(殺害行為は)ありません」と容疑を否認した。

 意見陳述で弁護人から「刃物で刺した」とする供述について問われた勝田容疑者は、「弁護士に死刑になる可能性を知らされて怖くなり、認めれば(情状酌量で)死刑にならないと考え、うその供述をした」と述べた。刃物の種類や捨てた場所などについては「適当に答えた」という。一方、岡山簡裁は岡山地検の請求に基づき、今月19日までの勾留延長を認めた。

 勝田容疑者は先月30日に逮捕され、筒塩さんの首を絞めたとする一方、刃物では刺していないと否認。だがその後、「首を絞めた後に刺した」「刃物は海に捨てた」と供述していた。(華野優気)