[PR]

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪のフィギュアスケート男子で2連覇を果たした羽生結弦(ANA)が8日、今後について「2連覇の達成感はあるが、挑戦したいことはまだまだある。4回転アクセルをやりたい」などと抱負を語った。

 東京都内であった日本オリンピック委員会(JOC)の2017年度スポーツ賞表彰式で特別栄誉賞を受賞し、報道陣の質問などに答えた。8日までの国際スケート連盟(ISU)総会で、フリーで繰り返し跳べる4回転ジャンプがこれまでの2種類から1種類に制限されるなどのルール改正案が承認された。これを受け、羽生は「フリーのだいたいの構成は決めていた。練り直したい」と明かすと、「自分の能力を最大限引き出せる状態で試合に臨みたい」と話した。

 出来栄え点(GOE)は現行の7段階から11段階になる。GOEを高く評価されている羽生にとっては有利といえる変更に、「ジャンプの質にはこだわり続けたい」と話した。そして、新たなチャレンジへの質問に対し、まだだれも成功させていない4回転アクセルについて言及した。

 また、最優秀賞に選ばれた平昌五輪スピードスケート女子500メートル金メダルの小平奈緒(相沢病院)は、「今後は究極の滑りを磨くとともに、スポーツを通して得られる喜び、その一瞬一瞬に心動かしていく時間を多くの人たちと共有したい」とスピーチした。(浅野有美