[PR]

 サッカーのJ1鹿島は8日、規律違反を犯した元日本代表FWの柳沢敦コーチ(41)が辞任を申し出て、申し出を受理したと発表した。柳沢コーチは「コーチの立場として許される行為ではありません。クラブに関わる様々な方々へご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。チームを離れることになりますが、今後も鹿島の勝利を心から祈っています」とコメントした。

 柳沢コーチは敵地での湘南戦前日となる4月6日に遠征先のホテルで、チームとは関係ない第三者と無断で会っていたとして、クラブから期間未定の自宅謹慎処分を5日に受けていた。庄野洋社長は「今後、同様の事案が発生しないよう、再発防止の徹底に努めてまいります。サポーターの皆さまをはじめ、クラブに関係する多くの方々にご迷惑お掛けしましたことを、深くおわび申し上げます」と謝罪した。

 6月19日号の「週刊女性」では、柳沢コーチは鹿島ファンの女性とホテルで会っているなどと、「不倫」疑惑が報じられていた。

 富山第一高出身の柳沢コーチは1996年、Jリーグの鹿島でデビュー。日本代表として58試合で17得点し、2002年日韓W杯、06年ドイツW杯にも出場した。Jリーグでは鹿島、京都、仙台でプレーした。2003年にはモデルの小畑由香里さんと結婚した。