[PR]

日本ガイシ 大島卓社長に聞く

 経営者として、働き方改革にどう向き合うか。日本ガイシの大島卓社長に聞いた。

 きっかけは30年ほど前に米国で仕事をしていたときでした。周りの同僚たちは午前8時から午後5時までしか働かない。それでも会社は成り立っていました。余計な仕事はしないわけです。

 ひるがえって日本は仕事が丁寧すぎます。悪いことではないですが、その分大事な時間をつぶしてしまっています。もしも無駄な仕事があるなら、その分の時間は勉強でもスポーツでも別のことに使えばいいと思います。

 ただ、こうした改革はトップダウンでないと難しい。細かい改善は別として、会議をなくすとか書類を減らすとかいったことは、いくら下の人が言ってもなかなか変わりません。

 そんな思いから、本質の追求、無駄の削減、効率の向上という3項目を掲げた活動を3年前に自ら提案しました。

 副社長や専務ら部門のトップが自ら改革方針を定め、社内に宣言して実行に移しています。例えば、生産関連の数字を集計する作業。世界各地の拠点ごとに異なっていた様式を統一することで、月8千回もの転記作業を減らし、年間9千時間分の作業を削減できた部署もあります。時には1400枚もの紙を使うこともあった役員会議も、ペーパーレス化を実現しました。

 一方で、社員の自主的な取り組みも非常に重要だと考えています。部門の異なる職場同士や共通の問題意識を持った社員同士が集まり、交流できる仕組みを昨年から始めました。活動に必要な費用のほか、懇親会の費用も1人3千円まで会社で補助しています。昨年度は延べ1100人以上の従業員が参加しました。

 部門を越えた異動は少ないですし、近年は中途採用も増えて「同期」のつながりがない社員も多くなっています。社内での情報交換を増やすことで、自らの働き方を改善するきっかけをつかんでもらえるのではと期待しています。(聞き手・初見翔)