[PR]

 シンガポール警察は8日、同国に駐在する北朝鮮大使の公邸に不法に侵入した疑いで、韓国のKBS放送の記者2人を逮捕したと発表した。12日に予定される米朝首脳会談のための取材中だったとみられる。

 発表によると、7日午後3時50分ごろ、男が公邸に不法侵入しているとの通報があった。逮捕されたのは42歳と45歳の男性記者。ほかに同放送局で働く31歳の韓国人男性と通訳の男性についても取り調べている。

 シンガポールでは不法侵入は3カ月以下の禁錮刑や1500シンガポールドル(約12万円)以下の罰金もしくはその両方が科される。

 また金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の物まねで知られる豪州の音楽プロデューサー、ハワードXさんは8日、シンガポールのチャンギ空港から入国する際、約2時間にわたり取り調べを受けたとフェイスブックで明らかにした。当局者から「敏感な時期なので(会談会場の)セントーサ島や(首脳の宿泊する可能性のある)シャングリラホテルには近づかないように」と注意されたという。

 シンガポール政府は会談の開催会場や両首脳が宿泊するとみられる地域の周辺を「特別行事区域」に指定。爆発物などの危険物や、デモで使う拡声機などの持ち込みを禁止するなど警戒態勢を強めている。(シンガポール=守真弓)

こんなニュースも
こんなニュースも